私の絵     特 集       プロフィール    月、一枚は絵をかくぞ アーカイブ   2016年  2015年

     2000歩探勝記   9月 17日        
 
       
           
                                                               
                                                                 
                                                                 
 9月16日      クリ                                                                
                                                                 
                                                                 
                                                                 
           あのイガイガのついて栗、ぼくたちが食べているのは
 
 種なのですって。そうだろうなとは思っていたがふと、それ

 なら果肉はどれだ?トゲトゲのついた皮と種しか無いでは

 ないか。早速ネットで調べてみるとどうやら、ぼくたちが食

 べる種を包んでいて剥くのにすごく苦労する硬い皮とその

 内側の渋い皮、そのセットが果肉らしい。 といわれても本

 当かよ、そんな食えない実なんて。理科に弱いぼくには訳

 が分からない。しかし別のサイトで「栗」はカテゴリーとしては
 
 ナッツなのだと知り、ああそうかと妙に納得した。
                                               
 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                        
9月1日  1位 トノサマバッタ  2位 蜂の子  3位 イラガの蛹の燻製                                                         
 NPO法人食用昆虫科学研究会の水野壮先生の話を聴きにいった。

いま世界中で昆虫食が見直されているのは、昆虫食が高蛋白であり、大量生産をし

易い、飼育に二酸化炭素の放出が少なくエコロジーなどの理由であり、産業化も進

んでいる。「昆虫を害虫としか見れない日本は”宝の持ち腐れ”だ」といっておられる。

 そういえば以前モデルになってくれた中国からの留学生は、夕方になると寮の仲

間とセミ(幼虫?)を捕獲してみんなで食べるといっていた。とても美味しいそうだ。

 日本の昆虫食の現状など一通りお話を伺ったあと、お薦めの昆虫は?の問いに

先生が挙げられたのが首記なのだ。 とくにトノサマバッタのてんぷらは美味い。

蜂の子はお馴染みだろうがイラガの蛹は「まるでシャウエッセン」といわれた。

 子供の頃、イナゴは食べさせられ、蜂の子は友達と巣を掘りだしてウジ虫みたい

のをフライパンで炒めて食べたが美味かった。トノサマバッタは捕まらない。別に

食べるつもりでもなくやたら追いかけたものだ。近づくとキチキチという羽音をたて

て数十メートルも向こうへ飛んで行ってしまうがその飛翔力を支える筋肉が多い

のが美味いことらしい。運よく捕えたあの少年のとき食っていればよかった。今で

はとても追いかけられない。

 この講義、絶対試食できるな、と思っていたが、案に相違してできなかった。主催

が役所のため安全第一なのだろうが、先生も残念がっていた。
 
トノサマバッタ
                                               
 

イラガの蛹
                                                                 
  今週の一枚                                                        
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
 8月16日    お盆なので、「うらがわ展」                                                                
                                                                 
                                                                 
   目に見えないものを指す「うら」ろいう言葉にかけて、この世の「うら」を描いた

怪談ものや、表に見えないひとの「心(うら)」を印象深くとらえたもの、美術作品

を裏に表に支える知られざるテクニック、スケッチなどを紹介。(千葉市美術館の

ちらしより)                                         

 以前、民族歴史博物館での「見世物展」というのを見に行ったとき「人魚のミイ

ラ」というものが展示されていて、仰天したぼくはその作り方をメモして帰った。

そのようなびっくり度を少し期待して出かけたのだが、どっこいこの「うらがわ展

 」は一級の芸術品ばかりだった。                                    
 第1章  ひとの「うらがわ」                         
第2章  かたちの誘惑  すける / うらがえる / のぞき、いる 
第3章  「うらがわ拝見」 三面記事とバックステージ        
第4章  この世のうらがわ」 怪奇/神秘/あの世           
第5章  制作の「うらがわ」                        

古いものから新しいものまで、箱の中に身を入れて鑑賞する彫刻、かと思えば

ひと部屋を真っ暗にして置かれたプラネタリウムみたいな作品。         

収蔵品だけでもこれだけできるんだぞと胸を張る学芸員のみなさんの顔が想像

できる展覧会でした。  (千葉市美術館で、8月27日まで開催中)                                



                                                       
                                                                 
  ☚  「うら」にちなんで「裏路地」   なにかのPR誌に

載っていた写真を参考にさせていただきました。       
                                               
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
 7月28日       孫娘と動物園へ行く                                                              
                                                                 
 幼稚園が夏休みになって、孫娘がやってきた。彼女のここでの最大関心事は自転車である。この春自転車に乗れるようになった彼

女は道が広く、平坦で緑地も多いここで自由に走り、自由に停め、気になったものを拾う。ただ心配してついていく母親や爺婆が先に

立つと怒るので始末が悪い。そんな一日、きょうは自転車に乗らないで動物園に行こうということになった。

 行く先は千葉市動物公園、一時レッサーパンダの「風太くん」で全国に名を馳せたところだ。その風太くんは歳をとってあまり動かなく

なったようで木の上で寝ていたし、ハシビラコウは身動きひとつしないし、ゴリラは不機嫌そうに舌打ちしている。そんな中で大騒ぎに

なっていたのがチンパンジーのお屋敷。歓声につられ見にいくと、なんと大きなチンパンジーが怒り狂っているではないか。どすんどすん

と四股を踏み横走りに走って壕の石を叩く、また戻ってきてからかう中学生に向かって威嚇する、そして草をちぎってその中学生に向け

てジャンピングスローをするのだ。投げられた草は中学生の足元に届き、投擲者は空壕に落ちるがすぐ上がってきて「オラ知らねえ」と

と口笛を吹くのだ。見れば観客の列の後ろに飼育員の女性がいてその人が振り付けているようだが、これは楽しい。帰ってから調べたが

YouTubeにはまだ投稿されていないようだ。ほくたちが観たのは昼飯を食べた直後だったが一回りしてもう一度来てみたら高いところで

静かにしていた。

 ところでこの動物園には懸垂式モノレールで行く。この乗り物、運転室と車室は透明なアクリル板で仕切られている、さらに運転室の床の

一部も透明だ。従って運転手の後ろ辺に立つと下をバスや車が走り人が歩いているのが見える。孫娘をそこに立たせてらすこしびっくり

してどうやって動いているのかときくから一応の説明をすると「ふ~ん」と分かったのかどうかあやしい反応。そういえばこの娘、観覧車は

嫌いといっていたっけな。








             
                                 
                                                  
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
 7月27日       裁判ウオッチング(2)                                                          7月26日     裁判傍聴記(2)      
                                                                 
                                                                 
              
                                         
  今日は判決の日。いままでは10人くらいしかいなかった傍聴人も今日は倍くらいで傍聴席の

半分くらいが埋まっている。

 その晩、B太とC男は覚醒剤を買いに行った。B太の愛人A子も同乗して行き、売人の指定す

るところへ車を停めて売人を待った。しかしC男が同乗してしているのを知った売人は売るの

を渋り、価格をつり上げた(以前C男と売人はトラブったらしい)、3人の持ち金を合わせても足

りないので3人は帰ることにした。途中B太とA子はC男を車から降ろし、走り去った。そしてそ

の足で後部座席に残されたC男のスマホを故買屋に売りに行き3万円で売ってしまった。その

金を足して覚醒剤を買い、残してきたB太を拾いに戻ったがB太はいなかった。タクシーを拾っ

て帰ったらしい。翌日C男の部屋で覚醒剤を分け、A子もおこぼれにあずかった。テーブルの

上には家庭用のプリンターで印刷したらしい一万円札が3枚あった。A子が買ったプリンターで

B太が印刷したものらしい。これを使ってみようということになりC太に実行役が押し付けられ

た。使う店はA子が選定し、その夜遅くB太とC男は指定された一件目の居酒屋でビールを飲

みレジではC男がニセ一万円札で払い8千円ほどの釣銭を受け取り店を出た。その間たった

の17分。味をしめた3人は二軒目の店で同様のことをするが、三軒目では怪しまれ釣銭を受

け取らず逃げ出してしまう。近くで待機していたA子が車ですぐ迎えにきた。

 この裁判、被告はA子で起訴事実は2つだ。
    
    ①スマホを持ち主の同意なく売り飛ばして金銭を得たこと

    ②偽造紙幣を使ったこと(使わせたこと)

 覚醒剤取り締まり法の件はすでに裁判が済んでいて、B太とC男は実刑で服役中、A子は執

行猶予中らしい。A子はさらに以前の喧嘩などの件でも執行猶予中の身らしい。 検察側はこ

んなに罪を重ねる女には重い罰をと主張し、弁護側はいずれの件も従犯であり、覚醒剤の件

と一体で審理されていれば双方合わせても執行猶予だったはずと寛大な処分を主張した。

 そして今日の判決は 懲役3年 ただし執行の猶予5年 ということだった。寛大な判決といえ

るだろう。 確かに被告には同情すべきことがいくつもある。この一年の間の息子の死、娘の

持病、金銭的苦境などを聴くとぼくも執行猶予かなと思う一方、そんなに執行猶予が積み重な

っていいものなんだろうかと考え込み今日の判決はどうしても聴きたかった。

裁判長はこころなし不機嫌にみえた。あるいは心優しい裁判員が多くて評議が長引いたのか

なとぼくは邪推した。

 裁判中の昼休みは長い。食事をして散歩をしてもまだまだ余る。裁判所の横には川が流れ

ていてこちら側は遊歩道だ。暑い、暑い日だったがベンチからの景色は、おおアールヌーボー!


             
                                 その夜、A男とB汰は覚醒剤を買いに行った。A男の愛人C子も同乗して3人で売人の指定する路上に車を停めた。しかし売人は後部

座席のB太をもて売るのを渋り、金額を釣り上げた。3人の持ち金を合わせても足りないので引き返すことにしたがしばらく走った後、

A男とC子はB太を車から降ろし走り去る。そしてA男と℃子は後部座席に残されたB太のスマホを故買屋に持っていき3万円で売りとばす。

その金をもって引き返し覚醒剤を買った。置き去りにされたB太はタクシーで家へ戻った。

 翌日謝りついでに集まったB太の部屋で覚醒剤を分け、その際C子ももらって吸った。机の上には黒ずんだ1万円札が3枚置いてあり

家庭用プリンターで印刷した出来の悪い偽札だった。C子が買ったプリンターでB男が印刷したものらしい。あろうことかその夜それを使う

会議或は命令がなされたのだ。その夜、遅く一件目の居酒屋でB男とC太がビールを飲み、C太がレジでニセ1万円札を出し8千円ほどの

お釣り受け取り店を出る、その間17分。さらに二件目の店では9千円ほどのお釣りをくすねた。この店はC子が推奨した。

銚子にのった彼らは3軒目の店に挑む。だがここは見破られそうになって急いで店を出る。待っていたようなC子の車で逃げた。

 実はこの裁判では、覚醒剤取締法違反の件は真理されない。それはもう裁判が終わっていてA男、B太は福栄期中、C子は有罪ながら

執行猶予ちゅうなのだ。この裁判の被告はC子で争点はB太のスマホを無断で売却したことと、偽造紙幣を使ったことだ。時刻自体は

スマホの件は関与を認め、にせ札の件は関与を否定している。裁判員死番だから集中的に審理がされる。証人が多く傍聴を重ねるほど

訳が分からなくなる。被告の現況もかわいそうだ。


札を 
   
                                                    
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
 7月18日     日々の 世界平均歩数は4,961歩                                                                
                                                                 
                ぼくは2,000歩                                                                
                                                                 
 米スタンフォード大学の研究チームは、世界111ケ国の71万7千人を対象に、日々の平均

歩数を計測する調査を実施した(スマートフォンの情報をもとに)。

 その結果世界平均は、4,961歩となった。

 世界一歩かない国民はインドネシア人で、一日3,513歩。   最もよく歩くのは香港で6,880

歩、二位以下は中国本土、ウクライナ、日本と続く。

 なお、平均歩数と肥満率には相関がないという結論も得られている。肥満率と相関があるの

は積極的に運動する人とそない人の差であるという。(niftyニュース同日付けより)

 

 右のジャコメッティの歩く男は痩せているな~。やはり相関はあるんじゃないのかな~。       
                                           
                                                                 
   さて、国立新美術館の「ジャコメッティ展」に行って

きた。そう、観てきたというより行ってきたのだよ。

 立体作品約50点、、平面作品?が80点(大半が資料)

照明を落とした部屋に細身のブロンズ像が単体で、あるい

は群衆で並べられている。上からのわずかな光のおかげで

像の肌がきらきらと輝きとても美しい。だけど近寄ってみる

とさほどでもない。ぼくは彫刻への造詣がないからその面白

さが分からないのだろう。それでもこれらの1本が瀟洒な家

の玄関に立っていたら幸せだろうと思う。

 それが100本も林立しているとどうして良いかわからなく

なるものだ。額にいれられているデッサンだかクロッキーだ

かそれともいたずら書きか、それをを丁寧にみるのは時間が

もったいない。今回は立体作品にかなり近寄って見られので彫刻を勉

強している人には興味のつきない展覧会かもしれない。

 ぼくなら立体作品を10本くらいだけにして入場料を160円

にしてくれるとすごくうれしいのだが。           
                                     
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
 7月9日   成田の祇園まつり                                                                
   成田山の 祇園会(祇園祭)を観に行った。YouTubeで見ると

灯がいっぱいで輝く山車をなん百人もの人が長い綱にとりつい

て狭い参道を走り曳きをするという豪快なもののようだ。

 最終日(9日)は午後4時半みこしと全部の山車、屋台が本堂

前に集結し、みんなで踊りを踊ったりするらしい、というので家人

に付き添いを頼んででかけた。成田山は駅から少し歩かなければ

ならないし坂もある。そして酷い混雑だから自分の脚では心もと

なかった。

 式は荘厳かつ華やかなもので、いなせな女性の総踊りが楽しい。

暑い、よく見えない。それでも2時間近く立って見ほれていた。

 そして私は足がつってしまった。これから山車に灯が入り総曳きが

始まるのに心残りだが、成田名物のうなぎでも食って帰ることにした。

家人はそのほうが良いに決まっている。
 
 もう薄暗くなった帰りの参道は山車がやってくる度に歩行をストップさ

れるからなかなか進まないからいらいらする、とそこには鰻屋がある

のである。だがえらい混みようだし値段も高い。結局、すこし離れた洒

落た居酒屋に入ってビールとつまみとにぎり寿司を注文した。

 店の奥にはライブ用のドラムやスピーカーがセットされたステージがあ

って落着ける空間のように思えたし、運ばれたビールを飲むうちに脚の

痙攣も収まった。店の外をこうこうと灯をつけた山車が通っていく。

 この頃になると綱を曳く男女もいい加減だ。スマホを見ながら綱にすがる

女性、ほろ酔いで流し目をおくるお姐さん。 こうして時間は過ぎていくのに

注文の寿しがこない。二度ほど催促しても、「申し訳けない」といってウーロン

茶をもってきてくれるのだが寿しの見当はつかない。結局キャンセルして

駅へ向かった。電車の中で、「出されてもいない突き出しに600円もとられた」

と家人は怒っていた。


                           
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
                                                                 
 6月30日        満州写真全史展                                                 
                                                                 
                                                                 
     戦前の一時期、私の父は満州にいた。

事業を起こした兄を追って行ったのだがその

行程に驚いた。それは奉吉線の朝陽鎮まで

汽車で行き、輝南までバスさらに馬で藩江ま

で行き、そこから徒歩で。 松花江上流の目

的地が見えたときは全くほっとしたという。

徒歩は2日はかかったのではないだろうか。

馬も行ってくれないとは、道もないのか?

満州とはどんなところでどんな暮らしをして

いたのか、私も十年前に旅行してはいるが

それは現代の中国で 満州は全く違うも

のだ。

父の兄弟の思いに触れたくて会期終了寸前

に日帰りで名古屋まで出かけてきた。
  
                   
               

                         
         
 
びわ

                                   

                           
             

                           
             
 

                           
             
     写真展は期待したほどのものではなかった。図書館で

  古い資料を借りれば済むはなしだったかもしれない。

  それでも馬も行きたくないだろう道はわかったし、日本

  人の暮らしぶりもわかった。そして短い満州の歴史のう

   ちの最後の2~3年しか居れなかったことは無念だった

   ろう。     













 







             
       
 
 
                                                                 
                                                                 
           
 6月18日     川村記念美術館          
           
               
      千葉県佐倉市の川村記念美術館はかなりの田舎にあって行く

のは大変だが、行けば館の内外でなんとも贅沢な時間を甘受で

きる。大変といっても各所から送迎バスがでているし、その本数も

少なくないから遠方からも沢山の人がこられるようだ。

 ここでは、いま「ヴォルスー路上から宇宙へ」という展覧会をやっ

ていて左図のようなポスターをよく見かける。それがあまりにきれ

いなので近寄ってみると何が描かれているのか分からない。

ところが ありがたいことにこの券をいただいたのである。そして

2,3日前ここの池の大賀ハスが咲き出したとの報にも急かされひ

とりやってきたのである。モネ、ルノワール、シャガール、ブラッ

クの絵を見、ロスコーの赤い部屋にしばらく座り込んでからヴォル

スの展覧室へいってぐるぐる廻る。とにかくきれいだ。このポス

ターよりきれいなのがいくらもある。わけのわからないのもいくつ

もある。 私はもう一度印象派の部屋へ寄ってから外へ出た。        

        
.




         
           
  外には大きな池があって白鳥?みたいなのが遊んでいるが

賀ハスはここではなさそうだ。

 森の中、斜面を下がって行く道の人たちについていくとあった,

あった。アジサイの道、大賀ハスの池、モネの庭風の池などな

ど、人の列についていくうちふと見ると向こう岸でスケッチをして

いる人がいるのに気が付いた。睡蓮を描いているのか。左手

にレジ袋を下げたまま立って描く姿がこの風景に妙にマッチし

ている。仲間と帰る時間を気にしながらのスケッチなのだろう。

帰りの送迎バスは民族歴史博物館にも寄ってくれたが私はも

う歩けない。
       

         
           
           
           
           
           
           
           
 6月11日    飛行機乗りのレース          
           
           
    前週の土日、幕張の浜辺では「レッドブル・エアレースと

いう単発飛行機のレースが行われた。世界の数か所を移動

して行われるワールドカップのようなものらしい。      

よほど金持ちが集う退会なのか、入場券がえらく高い。2日

間通しで30万円、20万円、12万円、安いところでも4人で

3万円くらいなのだ。  私は動力を使うレース(オート、ボー

トなど)には興味がないので高い入場料を払って見るなんて

考えられない。                             

しかし飛行機のレースとはどんなものか、どういう観方を

するのか、危なくないのか、うるさくないのか、老人の野次馬

根性がうずく。そこで一策、前日の会場に行ってみることにし

たのだ。会場は広いから自転車で。               



     


       
 幕張の浜は意外と奥が深い。球場や駐車場の向こうに松林があり左の方には広い公園がある。その繁みのあちこちにテントが張られていて外国人

を含めた大勢の人たちが設営作業にかかっている。どうやらこちら側からのただ見は難しそうだ。そのとき同じことを考えているらしい爺さんに「あっち

はどうかな?」と誘われ球場の裏手の海が見える歩道橋に上がって眺めると確かに海岸線に向かう小道があってその先の海には巨大なオーロラビジ

ョン浮かんでいるが、果たして明日そこまで入れるかどうか、爺さんは「行ける」といい、私は「塞がれるだろう」といった。

 翌日は天気もよく順調にレースは行われているだろう。そしてあの爺さんはあそこへ行っているだろう。私はやめた。私のほうが爺さんなのだ。
    
       
       
       
       
           
           
           
           
           
           
           
           
           
  6月4日   楽器を弾く婦人          
           
           
   小柄な老婦人が自分で楽器とスタンドを運んできて組み

たて演奏を始める。音色は「第三の男」のシタールに近い。

熟達者の生演奏を聴きながらの描画という贅沢な時間だ。

 外国の民謡から映画音楽、シャンソン、歌謡曲まで数十曲

聴かせてもらって楽しかったが、演奏しているのだからモデ

ルだって少しは動く。その動きを絵にしようと思っているのだ

がそれが難しい。

       
           
  ところでこの見慣れない楽器はヘルマンハープといって1987年にヘルマン・フェーという

ドイツ人がダウン症の我が子のために開発した楽器だそうだ。そういう話を聞くと余計にそ

の音色がはかなくて心に染みる。

 楽譜は五線譜ではなく、白地に黒い●と白い〇を線で結んだもので、それを弦の下に差

し込むとその点の上に弦が張られた状態になるから、点の上にある弦を指で弾けばよいの

だ。楽譜が読めなくても弾けるという利点はあるが音楽というものはそう単純ではない。弾

き手の情感と力量によって私たちはコンサートへ招待されたことになる。
         
           
           
           
           
           
           
           
           
 5月28日     ウィルチェアーラグビー
         
           
 今日までの4日間、千葉市のポートアリーナで米、豪、日三国のウィルチェアーラグビ―の競技大会が開かれた。アメリカ、オーストラリア

はさきのリオ・パラリンピックで金、銀メダルをとった強豪らしい。私は準決勝の日本VSオーストラリアを観にいってきた。

 この競技は、ベンチには12人までは入れるがコートに入れるのは4人だけだ。各選手には障害の程度によって持ち点が設定されている。障

害の重い人は0.5点、一番軽い人は3.5点で、4人の持ち点の合計が8点を超えてはならない。つまり障害の軽い人も重い人も同時に出て

チームが組織だったプレー―でゴールを目指す競技なのだ。
 
       
           
  驚いたことはチームが男女混合というところで、一瞬、幼いころやったドッジボールを思い出した。日本チームには倉橋香衣という日本初の

女性選手が出ている。オーストラリアチームにはいない。

 ゲームが始まって10分くらい経ったところで倉橋選手が出てきた。倉橋選手の持ち点は0.5、つまり重度の障害者。走力もボール扱いも落

ちる。彼女の役割は敵の一人をマークし続け自由に動かさないことだ。
 
       
           
    マークする相手はオーストラリアの8番か6番。どちらも

でかい。髭もはえている。だが目つきは意外と優しい。そ

して両選手とも持ち点は0.5.、倉橋選手と同じだ。

 点が入って、次のボールが投げ入れられるときは他の3

人にはかまわずこのようにマークした選手に密着する。

倉橋選手はひらり、ひらりと車いすを操るのがうまい。だ

が油断すると相手は逃げる、逃げるというよりもゲームに

入ろうとする。走力は全然かなわないから少しの間、二人

の間に距離ができる。だが自由になっても持ち点0.5の

この二人にパスは来ないから結局別のところでにらみ合

い、押し合いが始まる。そんな時相手の男がなにか言う。

 「しつこいぞ!」 なのか 「あっち行け!」なのか、それ

とも 「今晩食事でもどう?」 なんてなんてこたあないの

かなあ。



       
           
  車いすが激しくぶつかりあう音がすごい。ひっくり返って助けを待つシーンだって結構あるが 、試合は意外と秩序よく進む。かなりの部分相互に1点

づつ得点していき、ミスが出たときにボールが相手に渡り点差がつくということだ。応援席はは500人くらいかな。それでも、ニッポン、チャチャチャが

続く。 倉橋選手は試合の半分くらいに出場しチームの期待に応えたようだ。結局試合は65体60くらいで日本が勝ち決勝へ進むことになった。
       
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
 5月21日      国立新美術館は大混雑          
           
  歩けなくなってからしばらく行っていなかった六本木の国立新美術館、 「太平洋展」と「三軌展」の入場券をいただいたので昨日(土曜日)行った

ら驚いた。三社祭へ来ちまったかと思うほどの人、人、人。どうやら開催中の 「ミュシャ展」 と 「草間彌生展」 の両方とも会期末が近いのでそ

れぞれの愛好者が殺到したようなのだ。すでに入場券を買った人でも、「ミュシャ展」は2回の奥の方から階段を下り1階の玄関を出て赤坂方面へ

並び、一方「草間展の方は一階のオープンカフェを貫き、外へ出て青山墓地方面へと並んで、その尻尾が見えない。それらの列を突っ切り 「太平

洋展」、「三軌展」の方へ入ると、これも双方合わせての出品者が1500人近くもいるのだから一族郎党連れだって観にきたか、相当の熱気がみな

ぎっている。そして私の好きな絵がいくつもあって会場内を行ったり来たりしていたら美術館の中だけで3851歩をこなしてしまって、駅へ向かう足が

すごく重かった。なんでみんな元気なんだ?

 
 
       
           
           
   5月20日   びん
         
           
         5月20日  びん    
           
           
           
           
 5月13日    海の見える駅          
           
           
    上はJR京葉線・千葉みなと駅のホームの窓から見た街

 の景色である。突き当りに港があり広い通路があって左 
 側には新しくできた遊覧船乗り場があり、さらに左には

 県立美術館 があって、そこで今デッサンサークルのグ

 ループ展をやっている。展覧会の 当番に行く前に広場

 のベンチに座って桟橋の周辺を スケッチした。(下)

、まだあまり知られていないせいか人通りも少なくて落ち

 ついて描くことができた。

  海の見える駅というものは全国には無数にあるだろう

 が私のように歩かずに「絵になる景色」を見たいという横
 
 着 な欲求をかなえてくれるところは少ないのではない

 だろうか、この桟橋までは500歩ほど、往復1000歩は 
 嬉しい。



  首都圏ですごいのはJR鶴見線の「海芝駅」だろう。ホ

 ームの右側は東芝の巨大な工場で、許可を得た人しか

 入れない。右側は海しかなのだが、小さな公園ができて

 そこからは「つばさ橋」や「ベイブリッジ」を望む景色が、

 またそれ以上に夜景が素晴らしいらしい。
  
  私は東芝の人に呼ばれてこの巨大な工場に入ったこ 
 とがある。まず驚いたのは社員食堂の広いこと広いこと。
 東京ドームに無数のテーブルが整然と並べらている感じ

 だ。おりしも昼どきだったので私も列に加わって定食を

 食べさせてもらった。仕事の緊張と巨大工場に気圧され

 る気分で、一方の海の景色は記憶がない。私にとっては

 景色のない海なのだ。ここは首都圏の終着駅なのだ。

 ここの海はいつも穏やかだが陸の東芝は波高しだ。



 駅から0分なのに人通りもない「海芝浦駅」と海芝公園

にもう一度行ってみようか。




 
     
   千葉みなと駅・ホーム        
         
         
    千葉港観光船乗り場          
           
           
           
           
           
           
           
           
 5月7日     バングラデシュの男          
           
           
         この人はバングラデシュからの留学生、オフィシャルな服装で

でモデルをつとめてくれた。

 「ベンガル人は温厚で真面目で、困っている人を見ると放ってお

けない”古き良き日本人タイプ”」と池上彰さんはいう。

そんなバングラデシュに対して日本は世界一多くの援助をしてき

たこともあってとても親日的な国らしい。国旗も日の丸に似ている。
 日本の約4割の国土に1億5千万人が暮らす。世界8位の人口

そのバングラデシュはガンジス川の下流部、川の中に国がある

みたいだ。米を中心とした農業が盛んで魚も多様、豊かな食文化

を持っているそうだ。行ってみたい国だな~。
                  
       
           
           
           
           
           
           
           
           
 4月29日   長春           
           
  彼は中国、吉林省、長春からの留学生。いつもリラックスしていて、服装にも

モデルを務めることへの意識が感じられない。細かいことに意を解さない大陸的

な気風の人なんだろう。

 長春といえば10年ほど前のゴールデンウィークに旅行したときの強い印象は

忘れられない。アカシアの花が咲き始めるころで、街はきれいだし外出をする人

も多いようだった。私たちのガイドは一人っ子政策にのっとり大事な一人娘を、

ここの医科大学に行かせていると、バスを迂回させた。

 
 翌日は朝早く駅に行ってハルビンへ向かった。あのおなじみの緑色の列車で

5~6時間の旅だ。車内の風習は実に興味深いことが多くて退屈なんかしない。

どうやらこのモデル君も乗ったことはないようだ。

 吉林省は広い。広大な農地、長い長いポプラ並木、ときおり停車する小さな駅

まさに大陸だ。

 このモデル君は、もう一回同じポーズをとりに来てくれる日に、彼は来なかった

。前の晩飲みすぎて起きられなかったらしい。いいんだ、大陸的とはそういうこと

だ。
         
           
  ホテルを朝早く抜け出し、近くの動植物園に向かった。大きな池や小高い丘も

ある。中国の人は朝が早い。ぞろぞろ、ぞろぞろ沢山の人が散歩する。早朝の

散歩は年寄りのものだと思っていたがここは違う、子供連れが多い。それでスケ

ッチをのぞき込んでくる。会話が通じないので親が手を引っ張って連れ去る。

 今日はハルビンへ向かう日だ。急いでホテルへ戻る道では揚げパンを売って

いて、みんな買って食べている。実に美味そうで心惹かれたが鍋の中の油の色

を見てやめた。私がまだ、中国が好きだったころの話だ。
         
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
 4月22日(土)     寄って行きな と法華経寺        
             
 私は健康上の理由から、たくさんは歩けないので京成バス7社共通の年間パス

を買ってもっている。さいわいバス停の近くに住んでいるので、このおかげで色

々なところへ余り歩かず、かつ安く行ける。もちろん速くは行けないが時間はた

っぷりあるのだ。

 先日も、かねてより目論んでいる浅草への無銭旅行を試みた(厳密には無銭

ではないが)。路線バスはなかなか鉄道と並行に走ってはくれないのでジグザグ

と少しずつ目的地に寄っていかねばならない。もうひとつ、県境がなかなか越せ

ない。

 それでも下調べを入念にして図のように10本のバスを乗り継いで浅草雷門を

目指して出発をした。ところが行程の中間あたりでバスを乗り違えてしまい、着

いたところが下総中山駅だ。時は昼をとっくに回っている。情けない、下調べを

忠実に守らなかったせいだ。今日はもう、電車に乗って帰ろうと決めたけれどや

はり悔しい。そうだここには中山法華経寺という名刹があった、桜の季節だし絶

好の寄り道と重い脚を引きづって参道から境内へ。この人込みではスケッチも

難しいが、以前ここで描いたことを思い出した。もう五、六年になるだろうか。
           
             
             
             
             
             
             
             
             
 4月13日   裁判ウォッチング  (1)        
             
  弁護士の引率で刑事裁判の傍聴にやってきた。ところは千葉地方裁判所。近代的な建物ですごく開放的に見える。

私たちはずんずん奥へ進む。警備員は私たちをチラとも見ない。総合受付の女性がいるが、会釈もなしに手前を左

に曲がりエレベーターに乗る。8階で降りると法廷が並んでいるようで引率者はその一つにさっさと入っていく。私は

その扉に傍聴席とあるのを確認して入った。傍聴席にはすでに十人以上の人が座っていて、引率者はどこでも好き

なところに座れという。トイレの場所を確認しておけばよかったな、と思いつつ折角なので前の方に座る。見渡せば、

思っていたよりもずっと明るいし声もよく聞こえる。もうすでに被告席には3人の被告がそれぞれ二人の警官に腰紐

で連れてこられていま手錠を外してもらったところだ。傍聴席には子供連れの女性とあきらかに病人らしき中年の女

性、どちらも被告の関係者なのだろう。 いよいよ開廷だ。

       
           
 裁判官が入ってきた。若い女性だ。一緒に入ってきた書記官も若い女性だ。法廷にいる全員が起立する。だがその

起立のしかたがピリッとしない。特に傍聴席のほうは帰りがけに忘れ物はないかと見回すような立ち方が多い。でも裁

判官は美人で明るく聡明そうだ。すぐに法廷は引き締まる。人定質問、起訴状朗読と進んだところで3人のうち2人は

別件でも 起訴されたとのことで主犯格二人は別の日に審議を設定することになった。男の被告ふたりはまた手錠をか

けられて腰ひもで引っ張られて出ていった。一瞬、主犯格の男と子連れの傍聴人がうなづき合ったのがせつない。だが

、おかげで残る従犯一人の審議だけとなったため、進行が早まり証拠が提出され、論告求刑と情状酌量を求める弁論

などが予定通り終わり、美人の裁判長の優しいさとすような発言と判決公判日が告げられ閉廷となった。私たちは始ま

りのときと同じように一斉にではなく、もぞもぞと立ちあがりそ忘れ物が無いのを確かめてレベーターに向かったのであ

る。   追起訴の分は見てきてからまた書きます。
 
       
           
  裁判はどこでもこのように、いつでも誰でも手続きなく傍聴できるということがよく分かった。それにファンになってしま

いそうな裁判官や検事や弁護士がいる。みなさんも是非傍聴してみませんか。裁判官、検察官、弁護士みなさんも、

第三者の傍聴人がいたほうが気が入るようですよ。
       
           
           
           
     クロッキー「女性の頭部」      
           
           
           
           
           
           
4月6日     佐々木千隼を見にいく      
        
 約一年ぶりの野球観戦だ。佐々木千隼はロッテのドラフト1位指名の新人、いわゆるドラ1の新人投手である。ドラ1といっても一巡目

ではない。半年前のドラフト会議では人気新人を競合して抽選で獲ろうとす5チームと無難に競合を避けた7チームに分かれた。目玉

は田中正義と佐々木千隼だ。

 ドラフト会議、一巡目は入札で欲しい選手を投票する。その結果5チームが「田中」で競合、残る7チームはそれぞれ意中の選手を書き

交渉権を得た。そして競合していた田中は福岡ソフトバンクが抽選の結果交渉権を得た。こうして一巡目の選択合戦は終わった。

 そして2巡目、ここからは下位の球団から順に残った選手のうち欲しい選手を提示してゆく。だから競合したくなければ前の球団が選択

した選手以外を告げればよいのだ。しかしここで次々に佐々木千隼の名が告げられ、一巡目で外れた4球団と新規参加の1球団の計5球

団で抽選することになった。そして当たりくじを引いたのがロッテだったのであり、佐々木はロッテのいわゆるドラ1の新人ということだ。

 当の佐々木はドラ1といっても二巡目となったことをどう思っているのか。面白くないと思っているはずだ。私は彼の気持ちを忖度する。

彼はキャンプ、オープン戦を経て一軍に残った。そして今日の先発投手に選ばれたのだ。今年の新人で試合に出たものは他に一人しかいな

い。是非とも一番先に勝利投手になってもらいたい、と球場にやってきてしまったわけだ。

 相手はあのハンカチ王子=最近冴えない斉藤祐樹だ。上空12メートルの強風が外野からバックネットに吹き付ける、これも援護材料だ。

肝心の佐々木は落ち着いて投げているように見えるが四球が多い。ハラハラさせる場面も多いが大谷や中田から三振もとる妙な展開で

とにもかくにも五回を1点に抑え、リードを保って降板、チームはそのまま勝って私の念願通り勝利投手となった。

 試合が終わった時は薄暗くなり急に冷えてきた。照明にも灯が入った。これ以上ここにいるのは老体には無理だと感じ。かれから始まる新人

投手のヒーローインタヴューを待たずに球場をを後にした。  
     
           
           
     裸婦クロッキー      
           
           
           
           
           
           
           
           
           
 3月27日    縄文土器とピエロ          
           
  この土器は一緒に絵を描いている会の先輩が創ったものだ。先輩は一年ほど

前から縄文土器の製造にはまり、今では絵画、魚釣り、麻雀など従来の趣味を

うっちゃってのめり込んでいるようだ。

 縄文土器などは掘りだしたり復元したりする楽しみは想像できる。だけどそれ

を作る楽しさはどの辺にあるのかしら、或は実用に供せることもあるのかな。

 まずは現場を見なくては、と冬の温かい日に加曾利貝塚にやってきた。広がる

くぬぎ林を抜け、管理事務所で聞いてさらに進むと小川があり、そのほとりに現

代の縄文人たちはいた。ちょっとした広場の中央で大きな焚火が燻っている。

だが来るのが少し遅かったようだ。火はおきになっていて、周りにまだ焼いてい

る土器がひとつだけ、その作者であろう女性がそれを見守っていた。

他の縄文人たちは次の作品にとりかかっていて、それを見ていると「仲間に入り

ませんか」と静かに誘ってくれた。焚火にする木はいくらもあるし土もここの土で

よいらしい。焚火は楽しいものだしその周りで仲間と語りながら創作をする。なる

ほど先輩はこのゆったりとした空間と時間に惚れたのだろう。
         
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
 3月18日(土)      大腸内視鏡検査を受けてきた   (2)          
       
           
   当然早く済ませたいので私は少し勢いよく飲みだす。それでもなかなか便意を催さない。1時間たっても1度きりだし当然便の状態も第一段階だ。どうやら同室

相棒は順調のようだ。少し焦りを覚えて病院内を散歩したりする。そして突然の便意に脚をすぼめ、急ぎ足で戻りトイレから看護師を呼び努力の結果を見てもらう

のだが「まだですね」とか「もう少しですね」。そんなことを繰り返しついに正午を過ぎる。どうやら今日きた仲間では最後のようだ。

すると突然名前が呼ばれ、看護師が寄ってきて、「少しカスがあっても先生が診てくれるといっている」といいながら検査衣を渡されるので、「カスなんか無いんだ、

色がまだ赤っぽいだけなんだ」と文句たれつつ検査衣に着かえる。下は使い捨て用の紙でできた半ズボンで切り込みのある方を後ろにしてはく。

 いよいよ検査だ。ベッドに横向きに寝かされ楽にしていていいよ、おならも我慢しなくていいよ、などとなぐさめているうちに尻から内視鏡が入れられたようだ。

ツルッとした感じで痛くもなんともない、想像してきたのとは全く異なる入り方だった。

 ここから先は聞きたくもないでしょうから書きませんが、自分の拳を握りしめる時間がいっとき続き検査は終わった。先生は午後からは外診担当なのだ。手間を

かけて申し訳なかった。「お尻をよく洗ってお帰りください」と背後から看護師に言われてすこし腹が立つ。が、とりあえず今回はこれだけで済みそうなのでほっとし

ている。今度やるときはもうすこし早く出すようにするからね。
   
           
           
    3月17日    浜離宮庭園     
           
           
           
           
           
           
           
           
           
 3月6日(月)      大腸内視鏡検査を受けてきた   (1)    
           
 朝の8時15分に病院の内視鏡検査の受付に来た。窓口はまだ開いていない。この窓口付近で不得要領で待っているのは男が2人、女が3人、どうやらこ

の人たちがこれから始まるおぞましい検査の対象となる仲間のようだ。昨日は朝レトルトの和風がゆ、昼は同じくレトルトの中華がゆ、夜はまたもレトルトのコ

ーンポタージュスープしか食べていない。あと下剤を2回飲み、今朝も吐き気どめを家で飲んできただけなのに不思議と空腹感はない。緊張しているせいだろ

うか。時間が来てもう一人の男性とロッカー室に案内され、備え付けのジャージに着かえることを薦められる。ズボンだけ拝借して控室に戻ると、テーブルの

上に2リットルのビニール容器にほのかに放射能色をした液体が用意されている。下剤だ。係の看護師がこれを2時間程度かけて飲めという。そしてトイレに 

に行くたびに自分の便の状態を見ろという。テーブルの上には5段階の便の状態を撮った写真が置いてあって最後のカスもなく透明に近くなったら検査をす 

るという。  (つづく)
 
   
           
           
       3月11日 川崎の運河    
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
 3月6日(月)   なぜ2月は 28日しかないのか          
           
  今日で冬は終わり、明日からは春だ。なんだかえらく早い気がする。この月が28日しかないのも寒い冬を我慢してきたことへのご褒美か。

それにしても2月という月がなぜ28日しかないのか? 今まで何度か聞いたことがあるような気がする。だから多くのみなさんはご承知なのだろう。

でも私はよく分かっていないから軽く調べてみた。(日常生活に困るわけでもないので本当に軽く)

 昔、太陽暦は3月から始まり12月で終わった。農業に利用する目的だから植物が芽吹くときから収穫、整理まで暦があれば用が足りたらしい。そして奇

数月を大の月(31日間)、偶数月を小の月(30日間)としていた。  なぜ大小2種類必要かはまだわからない。

 しかしさすがに農作業をしない冬の間だからといって60日も暦が無いのは気持ちが良くないということで残る1月分と2月を

足すことにした。だが従来と同じく大小の月を交互に足すと366日になってしまって一年=365日に収まらくなる。そこで4年一度のうるう年を除いては2月

分から1日を持ってきてその月を29日間とした。 これで1日はわかったがハナシはここで終わらない。

 ローマのユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)は暦を改め、付け足した一つ目の月を1月、2つ目の月を2月とした。そして3月以降は以前と同じとし

て年間の暦を制定した。このとき7月生まれのカエサルは7月に自分の名前ジュリア→ジュライと直した。その後カエサルの後継者・ローマ帝国皇帝となっ

たアウグスティヌスが自分も暦に名前を入れたいと思い、8月生まれの彼は8月をアウガストと変更し、さらに自分の名前の月が小の月であることに我慢で

きず8月を31日ある大の月に変更してしまった。そして9月以降12月までを小の月、大の月の順にずらしてしまった。さて強引に8月を大の月にするための

1日はどうしたのか。そう、またも2月からもってっきたのだ。そして2月は小の月よりも2日少ない28日しかなくなった。

 ということで私は大いに納得したが調べたことが本当のことかどうかはよく分からない。そんな人間臭いハナシでいいのだろうかという思いでいる。



   
   
           
     
           
       (2月28日) でこぽん    
           
           
           
           
           
           
           
           
           
 2月26日(日)   梅の季節は確定申告の季節          
           
  昨年は精密検査を何度も受けたりして医療費が大分かさんだので所得

税の確定申告をして少しでも還付してもらおうと、国税庁のサイトで計算を

したところなんと1.5万円の追加徴税と出てしまった。

 この1年、特別にお金を貰ったこともないし悪いことをしたこともないのに

もっと払えとはなんという不幸か。私は税金のことなんかよく知らない、そう

だ知らなかったことにしよう。いや名だたる日本の国税だ、きっとあとで延

滞税として請求してくるだろう。そのときはその時だと考えつつもさらに調べ

るとわかっているのに知らないふりをすることを「ほ脱」といって懲役1年以

下あるいは50万円以下の罰金を課せられるとある。

 やはりこれは真剣にやらねばならないと、以前還付になったときの提出

控えを調べてわかった。なんと今回は配偶者の収入をも自分の収入として

計算していたのだった。単純なミスで恥ずかしいがまだ誰にも知られていな

い。結局いくばくかの還付金の出る計算書を印刷して税務署に提出してき

た。税務署の職員の無感情で淡々とした態度が好もしかった。
       
           
        観音さんの梅    
           
           
           
           
           
           
 2月16日     野次老は ”オルセーのナビ派展”に行ってみた          
  ン、ナビ派? オルセーなら印象派だろうが と思いつつ突入。場所は

東京駅に近い三菱一号館美術館、ここは古いオフィスビルの事務室や役

員室だったところをそのまま使っているので今回は70点ほどが15室くら

いに分散されている。

 会期初頭のためか、ナビ派がまだ知られていないからか非常に空いてい

た。一つの壁面に3~4枚の絵、それを観ているひとも3~4人、つまり一人

一枚だ。カツカツと自分の靴音が響く。人波に押され他人の頭越しに観な

ければならないいつもの美術展とは大違いである。

 作品にも驚かされる。ボナールに対する印象派変わった。ドニって日本

画もたいだ。ヴァロットンは推理作家だ。 

 どうぞテレビで放送されないうちに行ってみて下さい。
         
           
 この絵は有名だ。ヴァロットンンの代表作「ボール」、明るい草地で赤いボ

-ルを追う少女、迫りくるような暗い森と木の影、遠くでなにやら話している

二人の女、これから起こること、あるいはすでに起こっていること。色々な

想像ができる。あっけらかんとした印象派とはやはり違うな~。

なにかで作家の角田光代さんが”悪意のない悪意”を描く画家だといってい

た。この絵は板に貼った厚紙に描いているとある。私はてっきり、明るい三

角の部分と暗い三角の部分を別の紙に描いて板の上で貼り合わせたの

かと思ってひたいをつけるようにしてその継ぎ目を探した。そのときなんと

なく鋭い視線を感じて振り向くと、同じくさっと横を向いた学芸員が座ってい

た。
         
           
           
           
 3月16日     三菱一号館美術館          
      
           
           
           
           
           
           
           
           
 2月6日(月)   今回の野次老は    ”キャンピングカーショー2017”に行ってみた     
           
 これは後部室内。この手前にトイレ・シャワー室とシンクがあ

りさらにその眼だ鵜運転席だ。もちろんテレビやエアコンや電

レンジは当たり前についている。

 こんな車が300台も雑然と置いてあって個々に人だまりがで

きていて中で寝たり什器をいじたりしている。中には売約済み

のものもあるからひとつひとつ注文生産なのかもしれない。

 むかしクロカン車に乗っていた時代があって、それは後部座

席以後がフラットになって車中泊もできるというふれこみだった

ので一度それで会津の奥の方を旅行してことがあった。しかし

寝心地は悪く じっと朝が来るのを待っているような感じだった

ので以後はそんなことはやめた。その当時からトレーラー式の

豪華なワゴンはあったのだが、日本では駐車場と旅先でそん

な大きなものを停められるところも少なく使いづらかったようだ

が、ここにあるのは普段街をはしっているのと大差ない大きさ

なのだ。そして水と電気を充電でき、お風呂もあるキャンピング

スポットもふているそうなので、キャンピングカーで日本中を旅

する人がふえてくるかもしれない。値段は買う気がさらさらない

ので聞かずにきた。しかし車にトイレがつていたら良いなあ。

最近頻尿かつ我慢がつらくなった私には普段使いをしたくなる

ほどの魅力だ。
     
           
           
           
           
       ポトス&ピーマン(1月23日)    
           
           
           
           
           
           
           
 1月31日(月)  きつきのぐりぐり          
           
           
 

 友人宅ではこの小さな陶器で、炒ったコーヒー豆を叩き割り

さらにゴリゴリと擂ってコーヒーをいれてくれた。もちろんコーヒ

ーは美味かったが、むしろそのすり鉢みたいなものに興味を覚

えた私は買った店に連れて行ってもらいひとつ購入して帰った

。それは直径、深さとも10センチほどの器の底とすこし長い同

じく陶製のすり棒の底はこまかいヤスリ状になっていて割れた

実をそのまま粉にもできるのだ。箱には「きつきのぐりぐり」(杵

築市)となっている。

 私はこれで激辛カレー粉をつくることにした。カレーは辛くなく

てはいけない、だいたい日本のカレー粉は軟弱だ。私はコリア

ンダーの実とクミン、ブラックペッパー、花椒、そして輪切りのタ

カノツメをいれてぐりぐりと摺る。タカノツメが七味唐辛子くらい

になるまで摺るとすでに30分くらい経っている。問題はターメリ

ックを混ぜるかどうかだ。混ぜれば見た目も香りも普通のカレ

ー粉でちょっと退けるがターメリックは肝臓に良いらしいから少

し入れるか・・・てな具合にひとり悦に入っている。が辛さに弱い

家人は口にしない。 
     
 
           
      留学生Ⅱ(1月25日)            
 
 
 
 
           
           
           
           
           
       
 1月23日      シクラメン      
   
 昨日は朝から晩までTVスポーツ観戦。今冬ひと区切りがついたような熱戦が観られた。

まずは大相撲初場所千秋楽、稀勢の里が横綱白鵬に勝って14勝、長~い長い日本人横綱待

望問題を終わらせることになった。卓球は全日本選手権、女子は平野美宇(16)が女王石川を

破って早くも世代交代を確信させた。テニスの錦織はフェデラーに負けて今年の全豪オープン

は終わった。でも錦織のテニスはスリリングですごく魅力があって5時間があっという間だった。

 もうひとつ全国都道府県対抗駅伝というのがあってこれも全中継していた。マラソンとか駅伝

とかやたら長く、際立つ技術とか闘志とかが判別しにくいものでも不思議と見続けてしまう。

 いったいにスポーツ観戦は断然現場でみるほうが良いものと中継放送のほうが良いかなと思

えるものがあって、マラソンや駅伝は後者の最たるものだ。なにせ目の前を狂ったように走り去

る選手を見送ることを10分ほど続けるともうやることが無い。続きは帰ってテレビで観ようか。

 大相撲は断然現場がよい。あの綺麗さは心にしみる。サッカーも現場でみないと戦術が見え

ないしゴールキーパーがあんなに怒ってばかりいる理由もわからない。

 プロ野球はなんともいえない。18人のプレーヤーのうち3人しか働いていないみたいだけれど

なにが起こるかわからないからみんな緊張して観ている。実際、カーンという音がしてあわてて

目を戻すと何人かの今まで働いていなかった選手があわてて走っている。なにが起きたのか、

肝心なところを見逃すことはしばしばある。テレビならくどいくらいビデオで振り帰ってくれる。

それでもボールパークは楽しい。紙パックのお酒とピーナッツをもって野次を飛ばしにいこう。

 
 
                                                                
   
 
 
   
   
1月16日(月)                  じょうずなワニのつかまえ方        
   
   
 いまは無用の知識でも、いつか必ず役に立つ!「じょうずなワニのつかまえかた」

娘がまだ幼いころその派手な表装とキャッチコピーに惹かれて買ってしまいましたが

 古本でもないのに黄ばんだざら紙にモノクロで印刷された内容にびっくり。たとえば

  ■油田を掘る方法   ■ウシを丸焼きにする方法   ■ローマ法王に拝謁する方法

などいまどころか永久に役にたちそうもない知識が500以上もぎっしり。

 当然カウボーイでも敬虔なカトリック信者でもない私はこの奇妙な本を死蔵させていまし

たが、最近整理魔になった老人はいよいよこのけったいな事典を処分することに決めまし

た。ただその前に「いつか必ず役に立つ」ことが本当に無かったのかを調べました。
  
 そしたらあったのです。カチカチに乾燥した水彩絵具にはグリセリンを2ハケほど塗ると

もとに戻ると。・・・・そう、ものぐさな私はあっちのパレットにも、こっちのパレットにもかちん

こちんに、そしてかすかすに割れようとしている絵具が結構あるのです。

 私は早速薬局へ走り、グリセリンの小瓶を手に入れ、手持ちのカスカス絵具に垂らして

みました。すると、なんと1時間もするとゆるゆるの絵具にもどっていました。
 
 というわけで、この珍妙な事典は処分をまぬかれ窮屈な書棚に戻ることになりました。

なおこの書物、新世紀版が別の出版社からでているそうです。モリサワのホームページ

でもみることができます。
      
     
   
       
  そして今週の一枚はある留学生をスケッチしました。      
       
   留学生(スケッチ) (1月11日)    
       
       
       
       
       
       
   
       
1月7日(土)    HPの模様替え  
       
        やっと模様替えができました。 形は変わっても相変わらず、埒もないことを言い、拙い絵を描き続けることになると思いますが、今年もよろしくお願いいたします。
                                       
          
 大晦日のジャンボ宝くじでは10億円(前後賞併せて)をゲットした人がいたのでしょうか。あるいは前賞または後賞のみの1億5千万円を当てた人が出たのでしょうか。もしそういうことならその人は喜んだのでしょうかそれとも悔しがったのか。たぶんお金持ちは喜び、貧乏な人は悔しがったのではないでしょうか
 
 落語の噺で、富くじの大当たりは千両ですが、これはそれこそ現在の1億5
千万円くらいに相当するらしいのです。つまり江戸時代のとんでもない大当た
りは現代の前後賞にしかあたらないみたいです。でも小判を持ったこともない
庶民にとって想像できるMAXが千両箱なのかも知れませんね。それに引き換
え現代の10億円。周囲になん億もする豪邸にすんでいる人はいくらでもいる
し、今日は空き巣に3億円以上盗まれた人のニュースがながれています。 

 オリンピックも1兆2兆だし、お金の価値は下がり続けます。でも当たりたいよ
ね~ 宝くじ。                        
    
 
 今週の一枚は シュークリーム      
       
  のっけから恥ずかしいのですが、雰囲気出しが正直難しかったです。
後からカップを置いてやっとそれらしくなったのかな。カップが無いとまるで
”う〇〇”みたいですもん。
  
       
    
     
       
       


 
 

                                             

                                                                                                                                                                

                                                                                                


 

2015年

アーカイブ.htmlへのリンク